So-net無料ブログ作成

The Continental V2 [Earphone]

PK5_8536.jpg

Heir Audio 8.A は、AlgoRhythm Solo+Porta Tubeで聴いていて概ね満足していたのだが、気になる点が少々。
Porta Tubeは真空管アンプのイメージとは異なりエネルギッシュで臨場感のある音を鳴らすアンプで、
家にある大体のユニバーサルイヤホンの音質が向上している。
8.Aとの相性も悪くは無い。ただ、8.Aも同じくエネルギッシュで臨場感あふれる音質なので、曲によってはクドく感じてしまう事がある。

8.Aは8ドライバーがもたらす音圧と広い音場を持ちながら解像感も失われておらず、とても完成度が高いイヤホンだと思う。
アンプで誇張する必要は無く、むしろフラットなアンプの方が合うのでは無いかと思い、いくつかアンプを試聴してみた。

最初はバランスアンプが良いかもとALO Rx MkIII におまけバランスケーブル(Westone,JH用)で試聴した。
確かに音の分離を感じて音質は向上しているが、やや奥行きが失われ8.Aの魅力が減ったかなと。

ふとContinental V2を試聴すると、これがバッチし求めていた音。
ちょうど夏のセールで安くなっていたので衝動ポチとなりました。

PK5_8539.jpg

Porta Tubeと違ってありがたいのは、ゲインスイッチがあること。
Porta Tubeだとボリュームが上げられなかった上に軽いので、不意に鞄の中で回ってしまい爆音で耳が破壊されそうになる事故が無くなった。

やや低音の迫力が失われた感もあるが、今のところとても満足。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Heir Audio 8.A 続報 [Earphone]

D8H_1873.jpg

少し聴きこんだので感想を。上流はiPod Classic -> AlgoRhythm Solo -> Porta Tube です。

BARKS編集部レビューでは、

”最初に結論を言ってしまえば、「ちょっと抗いがたき圧倒的なサウンドの良さ」を持っているモデルであった。”

という、これを言っちゃあレビューアとしてダメで無いの。
と思っていましたが、音を文字で伝えるのは難しいもので、私も言っちゃいましょう。

このCIEM めちゃめちゃ音が良い。

中低音のボリューム感については前回書いたとおりなのだが、高音がまた綺麗に伸びクリア。
特筆すべき点としては、中低音のボリュームが凄いのにボーカルが埋もれる事なく、非常に近い位置で鳴る事。

安室奈美恵のアルバム「Uncontrolled」では、安室のボーカルはのびやかな高音が気持ちよく、
ヒップホップ調の打ち込み曲では、ドラム、ベースが迫力がありつつクールな低音を鳴らしている。

自分はロックを中心に聴いているのだが、これ以上は無いんじゃないかと思うほどハマっている。
ヘッドホン祭り等でJH Audio、UE、須山、UM、CWのCIEMを聴いたが、8.Aが一番自分の好みであった。
ただ、JH AudioのJH-3Aは別格の音質であるが。(JH16 単独だったら8.Aの方が一枚上だと思う)

不満な点と言えば、コネクター部分がゆるいのか、イヤホンケーブルが抜けやすく接触不良を起こしやすい事。
抜き差しすれば治るので、今のところ放置していますが、ネットの書き込みをみると初期不良として
修理を行ったという報告や同様の問題を抱えている方がおり、Heir Audioの共通の弱点なのでしょう。

Heir Audioのコネクターは旧Ultimate Earsの互換があり、試しにTF10proに付けているLunaケーブルに
付け替えて見たが、音が締まったものの音場がやや狭くなり、あまりよろしく無かった。
Lunaは奔放なTF10proに節度を与えるには良かったんだが、8.Aには合わなかった。

ただ、ケーブルを変えるともう一段音質が良くなる予感がしたので、別のケーブルを試してみたくなってしまった。
オーグラインとかどうだろうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。