So-net無料ブログ作成
検索選択

The Continental V2 [Earphone]

PK5_8536.jpg

Heir Audio 8.A は、AlgoRhythm Solo+Porta Tubeで聴いていて概ね満足していたのだが、気になる点が少々。
Porta Tubeは真空管アンプのイメージとは異なりエネルギッシュで臨場感のある音を鳴らすアンプで、
家にある大体のユニバーサルイヤホンの音質が向上している。
8.Aとの相性も悪くは無い。ただ、8.Aも同じくエネルギッシュで臨場感あふれる音質なので、曲によってはクドく感じてしまう事がある。

8.Aは8ドライバーがもたらす音圧と広い音場を持ちながら解像感も失われておらず、とても完成度が高いイヤホンだと思う。
アンプで誇張する必要は無く、むしろフラットなアンプの方が合うのでは無いかと思い、いくつかアンプを試聴してみた。

最初はバランスアンプが良いかもとALO Rx MkIII におまけバランスケーブル(Westone,JH用)で試聴した。
確かに音の分離を感じて音質は向上しているが、やや奥行きが失われ8.Aの魅力が減ったかなと。

ふとContinental V2を試聴すると、これがバッチし求めていた音。
ちょうど夏のセールで安くなっていたので衝動ポチとなりました。

PK5_8539.jpg

Porta Tubeと違ってありがたいのは、ゲインスイッチがあること。
Porta Tubeだとボリュームが上げられなかった上に軽いので、不意に鞄の中で回ってしまい爆音で耳が破壊されそうになる事故が無くなった。

やや低音の迫力が失われた感もあるが、今のところとても満足。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。