So-net無料ブログ作成

Heir Audio 8.A 到着! [Earphone]

D8H_1882-1.jpg

限定セールの甘い言葉に惑わされ、ついにカスタムIEMに手を出してしまった。
Heir Audioというのはカナダの会社で中国に工場を持つ新興イヤホンメーカー。

カスタムIEMは、使用者の耳型に合わせてシェルを作るオーダーメイドのイヤホン。
元々はミュージシャンがステージで音を取るためのものだったが、最近は私のようなド素人が、
リスニング目的で作るようになってきた。

セールに突撃し、耳型を送って1ヶ月。こんな箱が送られてきました。
D8H_1721.jpg

中はこんな状態。このケースの表には自分の名前が入っている。
D8H_1722.jpg

通勤で使うつもりなので割と地味目で、ブルーのシェルにカーボンプレートを合わせてみました。
D8H_1879-1.jpg

Heir Audio 8.Aが気になったのはこのレビューから。大絶賛につき激しく胡散臭い。
ただ、このレビューアーは割と自分と音の好みが近いので、話半分と思ってポチっと。

まだいくらも聴いていないのだが、少しだけ感想を。
なにぶん初めてのカスタムIEM、シェルの仕上げがどうとかは良く分からんが気泡も無く、
綺麗に出来上がっていると思う。着け心地は、きつめな気もするし、これ以上ゆるいと外れ安くなる気もするし。
こんな調子なので音のレビューも上手い事書けませんが一応少しだけ。

まず、最初にオッと思ったのが、中低音の量感。特に低音のボリューム感は格別で、低音厨の私としてはニンマリ。
かと言ってJH16(試聴のみ)の様に低音を強調してますよという感じが少なく、中低音ごと厚みを増している感じ。

ボアつく事も無く音の分離も感じられるが、クリアーという訳ではない。
高音は刺さることは無く聴きやすいが、レビューにあった高音の透明度が高いという印象は無い。

これからエージングで変化があるかも知れないので、少し聴きこんでからまた感想など書いてみます。

追記:
30時間ほどエージングしたら高音の抜けが良くなった。
本来の音はまだこれからかも。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。